岡山市中区江崎の岡山脳神経内科クリニック|脳神経内科・内科

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

MENU

外観
待合室
風景写真

集う人々の健康な人生を支援します

集う人々の健康な人生を支援します

お知らせ

当院での3回目接種は令和4年1月中旬以降を予定しています。接種券が送られてくれば、外来受診時、あるいは、岡山県共通予約システムより予約下さい。1回目、2回目の接種にも対応予定です。電話の場合は平日の月、火、水、金曜日の13:30-17-30にご連絡下さい。接種券番号が必要ですので、必ず接種券を手元に置いてご連絡下さい。

パーキンソン病について以下の内容をYouTubeで解説しています。興味あればご試聴下さい。

講演1「パーキンソン病の治療」 柏原健一(岡山脳神経内科クリニック 院長)

https://www.youtube.com/watch?v=6upeSAUqJFo

講演2「パーキンソン病~運動の大切さ~」 三原雅史先生(川崎医科大学 脳神経内科 教授)

https://www.youtube.com/watch?v=hgxsnuR_wOY

講演3「自宅でできるパーキンソン病体操」 岡山旭東病院 リハビリテーション課

https://www.youtube.com/watch?v=qDKxWwtMUaY

講演4「パーキンソン病の非運動症状<中枢神経症状>」 柏原健一

https://www.youtube.com/watch?v=89BQe8B_e94

講演5「パーキンソン病の非運動症状<末梢神経症状・末梢性障害>」 柏原健一

https://youtu.be/UGLkOe5NYgk

 

第2駐車場が準備できました。交通案内のページを参照ください。
場所が分かりにくい方は受付にお問い合わせください。

2週間以内に発熱や風邪症状のあった方、現在ある方は来院前にご連絡ください。
来院時にはマスクをしてください。付き添いの方もお願いします。
待合室が込み合う場合、車で待機いただくことがあります。
症状が安定している場合、電話などによる診療も行っています。

院長ブログ

新しい年が明けました。元旦は毎年初日の出を拝みに龍之口山に登ります。先ず龍之口八幡宮に参詣し、一年の幸を祈ってから日の出です。太陽まで拝むと神様が嫉妬する?神様はそんなに狭量ではありません。回数はカウントしていないけど、15年以上登っています。職業柄元旦勤務もありましたが、下山後職場直行です。昨年はコロナでお休みでしたが、他は連続。たいていは前の職場で一緒だった中学時代の先輩御一家と同行。一人では眠さ、寒さ、暗さに勝てません。いつも太陽が拝め、見えなかったことはありません。さすが、晴れの国岡山。今年は荒天の報があった割に風なく、温かく、好天でした。変わっていたのは人出増。列をなして登る状態に驚かされました。コロナ禍、神頼みが増えたのか。いえいえ、5年前くらいから増加傾向でした。仲間と登る若者が増えた感想です。以前は家族連れ中心、今は加えて若者クループ。結束強化?自然志向の高まり?信心深くなった?コロナで行先が減った?時代は変わります。ともかく、今年が良い年になりますよう。

雑感

大きな水たまりを残して雨が過ぎ、木枯らしが荒れて12月となりました。コロナが鎮まり、街に賑わいが戻って来た矢先、オミクロン株の報。ゆるみがちになった危機意識を撚り戻すには良いのですが、ワクチンが効かないようでは困ります。それにしても変異株。コロナウイルスは太古から存在したはずなのに、なぜ、今、こんなに狂暴化したのか?不思議です。

雑感

金木犀が甘く香っています。花言葉は「謙虚」。今年は10月初めに一度咲き、ろくに香ることなくあっけなく終わったなと思っていたら、今度は本格的に咲いてます。二度咲きですね。音楽を聞いて昔の記憶が蘇ることがありますが、香りも時として思い出に直結します。生家の玄関わきに大きな金木犀があり、お米の収穫時期に香ってました。農家なので収穫、脱穀したお米は20Kgだか30Kgづつ簀に入れ、軒下に重ねて出荷を待ちます。昼間の太陽で暖まった簀は夕方になっても温度を保って気持ちよく、その上に寝そべり、残照の中で本を読むのが至高の時間でした。10歳頃の思い出。今やお米は強靭な紙の袋で取引され、簀は見かけず、言葉すら聞かなくなりました。金木犀は毎年香りますが、時代はどんどん変わります。

雑感

青空にコスモスが揺れる季節になりました。稲穂が実り、山道にはそこここに萩の花。出歩くことが減り、自宅とクリニックを往復するのみの生活では見落としがちな季節の変化。一歩踏み出した郊外にはコロナと無関係に自然の営みが引き継がれています。同じサイクルに見えても、決して過去のコピーではない自然。鴨長明の「ゆく川の流れ」やヘラクレイトスの「万物は流転する(panta rhei)」が頭に浮かびます。変化への対応には余分なエネルギーが必要ですが、進歩、成長の糧です。日々新しい出会い、頑張ろう。本日よりクリニックに新しいスタッフが加わります。どうぞ、よろしくお願いします。

雑感

いつになく雨の多かった8月。下旬になって降り止んだ途端に猛暑が戻ってきました。ついつい草木への散水を忘れていたら、しおれ気味。枯れる前に気付いてよかった。しかし、草生う庭の片隅では早くも秋の虫。里山はツクツクボウシの天下です。空が高くなりました。コロナ、ワクチン予約、人流抑制。慌ただしい世間を後目に、確実に季節は巡っています。

診療カレンダー

2022年 1月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
2022年 2月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4
5

休診

午後休診

診療時間変更

祝日

岡山脳神経内科クリニックの4つの特徴

  1. 脳神経領域の病気の診断・治療・予防を中心に診療します
  2. あたらしい医療知識と篤い心で診療します
  3. 地域の医療機関と連携して診療します
  4. 知識の伝達と発信に尽力します

医師紹介

院長 柏原 健一

脳神経内科と内科領域の病気を診療するクリニックです。
脳神経内科は、その名の通り、脳・脊髄や手足の神経・筋を障害する病気を診療する科です。具体的には脳梗塞、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、てんかん、自律神経障害、多発性神経炎、頭痛、めまい、しびれなど、認知、運動、知覚などを障害する多くの疾患、症候が含まれます。

当院では主に頭痛、認知症、パーキンソン病、てんかん、睡眠障害などを診断、治療します。脳梗塞や認知症の背景となる高血圧症、高脂血症、糖尿病など、内科疾患も必要に応じて診療します。”心”の問題があっても、可能な範囲で対応します。対応困難時には、患者さんに合わせた医院、病院、施設と連携します。

これまで大学病院や地域の病院で培ってきた診療経験を活かし、地域の皆さんの健康にお役に立てるように努めてまいります。健康に関することなら、どうぞご相談ください。

医師紹介を見る

医院案内

岡山脳神経内科クリニック

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

TEL.086-230-1015
FAX.086-230-1016

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

・・・非常勤、武田医師(院長と概ね隔週で交代します)
【休診】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
研修会、学会等で休診の場合がありますので、新患の方はお電話でご確認ください。
受付時間は、午前は8:30~12:00、午後は13:30~17:00です。
予約、一般的お問い合わせは8:30~17:30の間でお願いします。

医院案内を見る

交通案内

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

お車でご来院の方 岡山電気軌道東山線「門田屋敷駅」車8分
県道45号線(産業道路)江崎交差点から宮通沿いに東へ150m、操南小学校手前400m
玉野方面 「産業道路」沿い左手の案内板を見ながらまもなく「江崎交差点」を右折「宮通」を東へ150m進んで左手です
平井方面 「国道2号線バイパス下 倉田交差点」から「産業道路」を500m南へ下り「江崎交差点」を左折「宮通」を東へ150m進んで左手です
西大寺・金岡方面 「宮通」を西に進んで「江崎交差点」の手前150m右手です。操南小学校近くにあります。
駐車場 30台(クリニック13台、第2駐車場17台)
「第2駐車場ではフロンティア薬局のスペースもご利用下さい」
公共交通機関をご利用の場合 岡山駅・天満屋より
①岡電バス 岡山ふれあいセンター・新おかまや港線・三番南行き「新道江崎」で下車 徒歩3分
②両備バス 沖元西大寺線「江崎」で下車 徒歩1分(便数が1時間に1本と少ないです)
交通案内を見る