岡山市中区江崎の岡山脳神経内科クリニック|脳神経内科・内科

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

MENU

外観
待合室
風景写真

集う人々の健康な人生を支援します

集う人々の健康な人生を支援します

お知らせ

現在コロナワクチン(12歳以上、3回目接種以降;BA5対応です)、インフルエンザワクチンに対応しています。コロナワクチン予約は岡山県共通予約システムでお願いします。ネット予約が難しい方は、外来受診時予約か、診療時間内に電話下さい。インフルエンザワクチンは外来受診時ないし電話でご連絡お願いします。

パーキンソン病について以下の内容をYouTubeで解説しています。興味あればご試聴下さい。

講演1「パーキンソン病の治療」 柏原健一(岡山脳神経内科クリニック 院長)

https://www.youtube.com/watch?v=6upeSAUqJFo

講演2「パーキンソン病~運動の大切さ~」 三原雅史先生(川崎医科大学 脳神経内科 教授)

https://www.youtube.com/watch?v=hgxsnuR_wOY

講演3「自宅でできるパーキンソン病体操」 岡山旭東病院 リハビリテーション課

https://www.youtube.com/watch?v=qDKxWwtMUaY

講演4「パーキンソン病の非運動症状<中枢神経症状>」 柏原健一

https://www.youtube.com/watch?v=89BQe8B_e94

講演5「パーキンソン病の非運動症状<末梢神経症状・末梢性障害>」 柏原健一

https://youtu.be/UGLkOe5NYgk

 

第2駐車場が準備できました。交通案内のページを参照ください。
場所が分かりにくい方は受付にお問い合わせください。

院長ブログ

 咲き誇るアフリカマリーゴールド(半田山植物園11月)

咲き誇るアフリカマリーゴールド(半田山植物園11月)

澄んだ青空にコスモスが映える季節になりました。ピンク、赤、白。でも最近、意外にオレンジ色が目につきます。色づいた柿の実、ミカン、金木犀の花、キバナコスモス、シーズン終末でも頑張っているマリーゴールド。里山にもオレンジ色が増えました。食卓ではカボチャ。カボチャと言えばハロウィーンのテーマカラーもオレンジ。栗の実はもちろん茶色ですが、瑞々しい採れたてはなぜかオレンジに感じられる。カニはこれからがシーズン。窓のスクリーンを超えて低く差し込む陽光、知らぬ間に早まった夕映えもオレンジです。季節とは関係ないけど岡山シーガルズの新しいユニフォームにオレンジ版がありますね。岡山駅新幹線ホームの高圧電線支持枠もオレンジになりました。麦秋には刈った麦藁を束ね、脱穀前に一面に干します。その中は、藁束を透った柔らかい光に満ちたオレンジの空間。遠い時代の温かくも安らぐ思い出。今や麦藁を干すことも無くなりました。あっ、麦秋は初夏ですね。

秋のオレンジはモノトーンな季節に移ろう前の束の間の残照。少し悲しい。

宗教

元首相銃撃で“宗教”の二文字に触れることが多くなったこの頃ですが、事件とは直接関連ない話題です。よく、日本人は“宗教心がない”とか言われますが、私はとても宗教心に篤い国民だと思っています。宗教が何か、定義はよく知りませんが、勝手に“人智を越えた”存在を畏怖し、救いや安心を求める概念とでも思っています。初日の出に歳神様を重ねて幸せを祈り、初詣で金運、健康運、恋愛運、受験合格、世界平和など現世の利益を願い、お盆には故人に思いを馳せるついでに助力を願い、七五三で子や孫の健全な成長を祈ります。神さまが見ているので悪いことはできません。“○○教”という特定宗教の信者ではないかもしれませんが、折に触れて神仏を感じて生活しているのが一般的日本人と思います。

宗教と言うと、イスラエルはテルアビブ大学の世界的パーキンソン病研究者、メラメド先生を思い出します。ポーランド系ユダヤ人、ナチスの迫害で多くの家族を失った経歴の持ち主です。国籍、年齢を問わず、パーキンソン病研究者に気さくに声をかけ、豊富な知識を基に議論し、教えてくれました。日本には毎年のように講演に来られ、国際学会でも会うので、年に何度も挨拶の機会がありました。この先生、村上春樹の愛読者で、高松で国際シンポジウムに参加時、“海辺のカフカ”の舞台に来られたことを大いに喜んでおいででした。“カフカ”はギリシャ神話のモチーフが個性的登場人物により演じられます。ストーリー展開の背景に、善悪を越えた日本的畏れの世界感、ないし宗教観を勝手に感じておりましたので、ある時一神教のユダヤ人でも受け入れられる世界かと問うと、宇宙や自然への畏怖は人間皆が感じることだと指摘されました。一言一言が重く、深い、哲人。しかし、いつも笑顔で励ましてくれる優しい先生でした。細胞移植療法など、新しい分野を手掛けていた途中、病を得て冥界の人となりました。合掌。

雷鳴

雷鳴が轟いて、9月になりました。一天にわかに掻き曇っての土砂降り。昼前、夕方、夜中と、少なくとも3度襲ってきて、カミナリデイとなりました。防災に思いを馳せるべき9月1日に相応しいと言うべきかどうか。あまり激しいと、荒天に気をとられ、防災に思いが至りません。そういえば、雷の季語は“夏”。“9月”の書き出しに雷では違和感があります。詩的には「雷鳴と共に梅雨が明け、、、」ですねえ。しかし、現実に9月の嵐。台風の影響かもしれません。地球の温暖化は季節感を変えてしまいます。まあ、自然には抗わず、適応していくしかありません。温暖化防止の努力を尽くしたうえで。

ところで、同じ雷でもナント“稲妻“は秋の季語なのです。元は”稲夫“でイナズマと呼んでおりました。稲が実をつける頃にカミナリが鳴ると豊作と言われます。稲は秋に実ります(県北では8月中に稲刈りを終えているようですが)。実ると夫が忙しくなる訳です。妻は寝そべってスマホいじり、、、なんて普通はできませんね。アッ!できてる人もいる?。

“稲妻“で思い出すのは、アリゾナです。乾いた大気を引き裂いて、激しく光ります。めったに雨が降らない所ですが、雷雨時には元を取る勢いで派手に光り、土砂降りです。砂漠地帯には「雨の時は進入禁止」の道標が処々にみられます。降った雨が濁流となって一気に砂漠を突っ切るからです。街中の道は、日本とは逆に中央がくぼんでおり、雨の時は排水路です。水深20cmくらいになるとあちこちで車がエンストしてとり残されます。雨音、雷鳴、そして稲妻には砂漠ならではの壮観な趣があり、安全な家の中で体験する限り、ワクワクして治まりません。神にささげる踊りは、こんな風に始まるのだと感じます。

夕立が緩和してくれたとは言え、まだまだ暑い日々。しかし、8月26日には、通勤のため家を出たところでイワシ雲に遭遇。心なしか涼しく澄んだ風、虫の声。秋は着実に進行中です。コロナの季節もそろそろ終わりにして欲しいものです。

セミの声

今年、クリニックにセミの鳴き声が聞こえてきたのは7月4日からです。雨が降らないからセミが鳴かないと言われていましたが、例年並み。晴れの国では雨は関係ないかもしれません。街中はクマゼミです。窓を開けているとうるさく頭に響きます。これが、山に入るとニイニイゼミ、もうすぐアブラゼミに置き換わるでしょう。少し奥に入るとツクツクボウシ。棲み分けているのですねえ

元気なのはセミばかりではありません。妻の実家で草取りしましたが、勢いがすごい。2週間ぶりですが、抜いても抜いても間に合いません。汗だくです。根切り用の鎌が酷使で折れてしまいました。草抑えに植えたコスモスもどんどん伸びています。花咲く秋が楽しみです。

元気で残念なのはコロナ。感染が急拡大し、止まりません。いろいろな原因で発熱するこの季節、医療現場は緊張の連続です。出来得る最大の防御、注意を払いつつ対応していくしかないのが現状です。2年半も続いています。早く抜け出すことを祈ります。

熱暑

記録的に短い梅雨が明け、熱暑。例年ならこれからが梅雨本番なのに、渇水が危惧されます。かつての夏は30度越えと雷雨。今は35度越えが普通になりました。伝統的日本家屋の風通しでは対処できません。エアコン必需です。

暑さと言えば砂漠。学生時代、雨多き日本を出て砂漠体験が夢でした。サハラ砂漠、ゴビ砂漠、アリゾナ砂漠。最も行きたかったサハラで原因不明脳炎が流行ったため、変更したのがイランの農村。ペルセポリス遺跡で有名な南部シラーズの近く。テヘランから夜行バスで移動しましたが、途中の砂漠はゴロゴロ岩が散在する死の世界。まさに「月の砂漠」。中間地点にあるオアシスの街イスファハンの美しさ。

その後、縁あって2年間住んだツーソン。米国アリゾナにある高原の街。雨は年に2,3回の乾燥地帯ですが、巨大サボテンがニョキニョキ生え、灌木が茂り、イノシシやガラガラ蛇が住んでいます。乾燥と暑さは別格で、夏は40度越えが普通。滞在中の最高は47度でした。今もこれがrecord highです。ちなみに、隣りの大都会フェニックスは50度。気温が体温を越えると身体がしんどく、42度くらいの大気を呼吸すると鼻の奥がヒリヒリです。眼球が乾燥し、目が開けられません。乾燥に身体が慣れるまでに一週間はかかります。夏の短期旅行は薦められませんね。暑さへの対処法は何と言ってもプール。どんな安アパートにもプールがついていて、暇があれば浸るか傍で寝そべります。ちなみに冬でも日中は30度を超え、泳げます。水はロッキー山脈に降った雨が近くのコロラド川を流れ、伏流水もあって豊富です。

砂漠の熱暑を体験した身ではありますが、昨今の岡山も夏の暑さは脅威的。熱中症に要注意です。

診療カレンダー

2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
2022年 12月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

休診

午後休診

診療時間変更

祝日

岡山脳神経内科クリニックの4つの特徴

  1. 脳神経領域の病気の診断・治療・予防を中心に診療します
  2. あたらしい医療知識と篤い心で診療します
  3. 地域の医療機関と連携して診療します
  4. 知識の伝達と発信に尽力します

医師紹介

院長 柏原 健一

脳神経内科と内科領域の病気を診療するクリニックです。
脳神経内科は、その名の通り、脳・脊髄や手足の神経・筋を障害する病気を診療する科です。具体的には脳梗塞、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、てんかん、自律神経障害、多発性神経炎、頭痛、めまい、しびれなど、認知、運動、知覚などを障害する多くの疾患、症候が含まれます。

当院では主に頭痛、認知症、パーキンソン病、てんかん、睡眠障害などを診断、治療します。脳梗塞や認知症の背景となる高血圧症、高脂血症、糖尿病など、内科疾患も必要に応じて診療します。”心”の問題があっても、可能な範囲で対応します。対応困難時には、患者さんに合わせた医院、病院、施設と連携します。

これまで大学病院や地域の病院で培ってきた診療経験を活かし、地域の皆さんの健康にお役に立てるように努めてまいります。健康に関することなら、どうぞご相談ください。

医師紹介を見る

医院案内

岡山脳神経内科クリニック

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

TEL.086-230-1015
FAX.086-230-1016

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

・・・非常勤、武田医師(院長と概ね隔週で交代します)
【休診】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
研修会、学会等で休診の場合がありますので、新患の方はお電話でご確認ください。
受付時間は、午前は8:30~12:00、午後は13:30~17:00です。
予約、一般的お問い合わせは8:30~17:30の間でお願いします。
新患の方、午前は10:00から12:00、月、火、水、金曜日の午後は14:30から17:00の間に受診ください。

医院案内を見る

交通案内

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

お車でご来院の方 岡山電気軌道東山線「門田屋敷駅」車8分
県道45号線(産業道路)江崎交差点から宮通沿いに東へ150m、操南小学校手前400m
玉野方面 「産業道路」沿い左手の案内板を見ながらまもなく「江崎交差点」を右折「宮通」を東へ150m進んで左手です
平井方面 「国道2号線バイパス下 倉田交差点」から「産業道路」を500m南へ下り「江崎交差点」を左折「宮通」を東へ150m進んで左手です
西大寺・金岡方面 「宮通」を西に進んで「江崎交差点」の手前150m右手です。操南小学校近くにあります。
駐車場 30台(クリニック13台、第2駐車場17台)
「第2駐車場ではフロンティア薬局のスペースもご利用下さい」
公共交通機関をご利用の場合 岡山駅・天満屋より
①岡電バス 岡山ふれあいセンター・新おかまや港線・三番南行き「新道江崎」で下車 徒歩3分
②両備バス 沖元西大寺線「江崎」で下車 徒歩1分(便数が1時間に1本と少ないです)
交通案内を見る