岡山市中区江崎の岡山脳神経内科クリニック|脳神経内科・内科

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

MENU

外観
待合室
風景写真

集う人々の健康な人生を支援します

集う人々の健康な人生を支援します

お知らせ

現在コロナワクチン(12歳以上、3回目接種以降;BA5対応です)に対応しています。コロナワクチン予約は岡山県共通予約システムでお願いします。ネット予約が難しい方は、外来受診時予約か、診療時間内に電話下さい。インフルエンザワクチンは外来受診時ないし電話でご連絡お願いします。なお、インフルエンザワクチン接種は終了いたしました。

パーキンソン病について以下の内容をYouTubeで解説しています。興味あればご試聴下さい。

講演1「パーキンソン病の治療」 柏原健一(岡山脳神経内科クリニック 院長)

https://www.youtube.com/watch?v=6upeSAUqJFo

講演2「パーキンソン病~運動の大切さ~」 三原雅史先生(川崎医科大学 脳神経内科 教授)

https://www.youtube.com/watch?v=hgxsnuR_wOY

講演3「自宅でできるパーキンソン病体操」 岡山旭東病院 リハビリテーション課

https://www.youtube.com/watch?v=qDKxWwtMUaY

講演4「パーキンソン病の非運動症状<中枢神経症状>」 柏原健一

https://www.youtube.com/watch?v=89BQe8B_e94

講演5「パーキンソン病の非運動症状<末梢神経症状・末梢性障害>」 柏原健一

https://youtu.be/UGLkOe5NYgk

 

第2駐車場が準備できました。交通案内のページを参照ください。
場所が分かりにくい方は受付にお問い合わせください。

2週間以内に発熱や風邪症状のあった方、現在ある方は来院前にご連絡ください。
来院時にはマスクをしてください。付き添いの方もお願いします。
待合室が込み合う場合、車で待機いただくことがあります。
症状が安定している場合、電話などによる診療も行っています。

院長ブログ

宇宙の果て

 子供の頃の大晦日。農家なので、普段は夜9時に眠り、朝4時には起きだす生活ですが、この日は家族が集まって、食べたり、ゲームしたり、、。夜更けて除夜の鐘が聞こえてくると、新年の挨拶をして眠ります。その前にお決まりのトイレですが、田舎家なので、母屋の外。裏庭に出ると満点の星に一年の幸を祈ります。そんな昔、星空で感じた大疑問。①宇宙の果てはどこにあるのか?、②いつから宇宙があるのか?です。小学校3年生だった。以後、星空を見ると同じ疑問が湧いてクラクラ眩暈を感じます。回答を求めて一時は宇宙探検家を志したほどですが、中3頃、体力、学力不足で諦めました。その後、壮大な挑戦に代わって、アマゾン探検家や心の解明を夢想しましたが、人生、思い通りにはいきません。今や小さなクリニックが世界です。

 ところで、先の2大疑問ですが、お釈迦さまも考えられた様です。後進のため、考えても無駄な探求(無記;アヴィヤーカタ)の主要項目に挙げられていると知ったのはずいぶん後になってです。時代や場所は違っていても、人間、思うことは同じだと感心致しました。とはいえ、人間の知的好奇心はお釈迦さまの予想を凌駕し、今や宇宙の果てや寿命が解明されつつあります。現在、超スピードで拡大しつつある宇宙が、いつか逆に一点に収縮するかもしれないこと、宇宙という大きな箱の中にいろんな星系が入っているのでなく、宇宙全体が膨張、収縮するイメージ。今の宇宙が出来て138億年、あと80億年くらいで地球は巨大化した太陽に飲み込まれ、何千兆年以上の遥か先には宇宙自体が一旦消滅するーーー。輪廻転生というか、エネルギー保存の法則というか。

 正月らしくない話題になりましたが、遠い昔の大晦日に抱き、以後も晴れない疑問を思い出してしまいました。眩暈がしてきたので止めます。スケールは小さいですが、今年こそはコロナ、戦争の脅威から解放される年になりますよう、切に願って止みません。

冬の到来

晴れの国岡山には珍しくまとまった雨が降り、初めての木枯らしが吹いたと思ったら、一気に気温が降下。12月1日の朝。ブルブル。冬が、サッカーゴールへのシュートの鋭さで到来しました。澄んだ夜空にはこれまた鋭くとがった月が輝いています。12月の始まりに相応しいというべきか。1年最後の月、積み残し課題満載、コロナもまだまだ。六本木イルミネーションのきらめきも、ここにはありません。ひと昔前の、浮かれた忘年会シーズンは戻るのでしょうか?粛々とこなして行くしかありません。明朝のW杯は別として。

 咲き誇るアフリカマリーゴールド(半田山植物園11月)

咲き誇るアフリカマリーゴールド(半田山植物園11月)

澄んだ青空にコスモスが映える季節になりました。ピンク、赤、白。でも最近、意外にオレンジ色が目につきます。色づいた柿の実、ミカン、金木犀の花、キバナコスモス、シーズン終末でも頑張っているマリーゴールド。里山にもオレンジ色が増えました。食卓ではカボチャ。カボチャと言えばハロウィーンのテーマカラーもオレンジ。栗の実はもちろん茶色ですが、瑞々しい採れたてはなぜかオレンジに感じられる。カニはこれからがシーズン。窓のスクリーンを超えて低く差し込む陽光、知らぬ間に早まった夕映えもオレンジです。季節とは関係ないけど岡山シーガルズの新しいユニフォームにオレンジ版がありますね。岡山駅新幹線ホームの高圧電線支持枠もオレンジになりました。麦秋には刈った麦藁を束ね、脱穀前に一面に干します。その中は、藁束を透った柔らかい光に満ちたオレンジの空間。遠い時代の温かくも安らぐ思い出。今や麦藁を干すことも無くなりました。あっ、麦秋は初夏ですね。

秋のオレンジはモノトーンな季節に移ろう前の束の間の残照。少し悲しい。

宗教

元首相銃撃で“宗教”の二文字に触れることが多くなったこの頃ですが、事件とは直接関連ない話題です。よく、日本人は“宗教心がない”とか言われますが、私はとても宗教心に篤い国民だと思っています。宗教が何か、定義はよく知りませんが、勝手に“人智を越えた”存在を畏怖し、救いや安心を求める概念とでも思っています。初日の出に歳神様を重ねて幸せを祈り、初詣で金運、健康運、恋愛運、受験合格、世界平和など現世の利益を願い、お盆には故人に思いを馳せるついでに助力を願い、七五三で子や孫の健全な成長を祈ります。神さまが見ているので悪いことはできません。“○○教”という特定宗教の信者ではないかもしれませんが、折に触れて神仏を感じて生活しているのが一般的日本人と思います。

宗教と言うと、イスラエルはテルアビブ大学の世界的パーキンソン病研究者、メラメド先生を思い出します。ポーランド系ユダヤ人、ナチスの迫害で多くの家族を失った経歴の持ち主です。国籍、年齢を問わず、パーキンソン病研究者に気さくに声をかけ、豊富な知識を基に議論し、教えてくれました。日本には毎年のように講演に来られ、国際学会でも会うので、年に何度も挨拶の機会がありました。この先生、村上春樹の愛読者で、高松で国際シンポジウムに参加時、“海辺のカフカ”の舞台に来られたことを大いに喜んでおいででした。“カフカ”はギリシャ神話のモチーフが個性的登場人物により演じられます。ストーリー展開の背景に、善悪を越えた日本的畏れの世界感、ないし宗教観を勝手に感じておりましたので、ある時一神教のユダヤ人でも受け入れられる世界かと問うと、宇宙や自然への畏怖は人間皆が感じることだと指摘されました。一言一言が重く、深い、哲人。しかし、いつも笑顔で励ましてくれる優しい先生でした。細胞移植療法など、新しい分野を手掛けていた途中、病を得て冥界の人となりました。合掌。

雷鳴

雷鳴が轟いて、9月になりました。一天にわかに掻き曇っての土砂降り。昼前、夕方、夜中と、少なくとも3度襲ってきて、カミナリデイとなりました。防災に思いを馳せるべき9月1日に相応しいと言うべきかどうか。あまり激しいと、荒天に気をとられ、防災に思いが至りません。そういえば、雷の季語は“夏”。“9月”の書き出しに雷では違和感があります。詩的には「雷鳴と共に梅雨が明け、、、」ですねえ。しかし、現実に9月の嵐。台風の影響かもしれません。地球の温暖化は季節感を変えてしまいます。まあ、自然には抗わず、適応していくしかありません。温暖化防止の努力を尽くしたうえで。

ところで、同じ雷でもナント“稲妻“は秋の季語なのです。元は”稲夫“でイナズマと呼んでおりました。稲が実をつける頃にカミナリが鳴ると豊作と言われます。稲は秋に実ります(県北では8月中に稲刈りを終えているようですが)。実ると夫が忙しくなる訳です。妻は寝そべってスマホいじり、、、なんて普通はできませんね。アッ!できてる人もいる?。

“稲妻“で思い出すのは、アリゾナです。乾いた大気を引き裂いて、激しく光ります。めったに雨が降らない所ですが、雷雨時には元を取る勢いで派手に光り、土砂降りです。砂漠地帯には「雨の時は進入禁止」の道標が処々にみられます。降った雨が濁流となって一気に砂漠を突っ切るからです。街中の道は、日本とは逆に中央がくぼんでおり、雨の時は排水路です。水深20cmくらいになるとあちこちで車がエンストしてとり残されます。雨音、雷鳴、そして稲妻には砂漠ならではの壮観な趣があり、安全な家の中で体験する限り、ワクワクして治まりません。神にささげる踊りは、こんな風に始まるのだと感じます。

夕立が緩和してくれたとは言え、まだまだ暑い日々。しかし、8月26日には、通勤のため家を出たところでイワシ雲に遭遇。心なしか涼しく澄んだ風、虫の声。秋は着実に進行中です。コロナの季節もそろそろ終わりにして欲しいものです。

診療カレンダー

2023年 1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

休診

午後休診

診療時間変更

祝日

岡山脳神経内科クリニックの4つの特徴

  1. 脳神経領域の病気の診断・治療・予防を中心に診療します
  2. あたらしい医療知識と篤い心で診療します
  3. 地域の医療機関と連携して診療します
  4. 知識の伝達と発信に尽力します

医師紹介

院長 柏原 健一

脳神経内科と内科領域の病気を診療するクリニックです。
脳神経内科は、その名の通り、脳・脊髄や手足の神経・筋を障害する病気を診療する科です。具体的には脳梗塞、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、てんかん、自律神経障害、多発性神経炎、頭痛、めまい、しびれなど、認知、運動、知覚などを障害する多くの疾患、症候が含まれます。

当院では主に頭痛、認知症、パーキンソン病、てんかん、睡眠障害などを診断、治療します。脳梗塞や認知症の背景となる高血圧症、高脂血症、糖尿病など、内科疾患も必要に応じて診療します。”心”の問題があっても、可能な範囲で対応します。対応困難時には、患者さんに合わせた医院、病院、施設と連携します。

これまで大学病院や地域の病院で培ってきた診療経験を活かし、地域の皆さんの健康にお役に立てるように努めてまいります。健康に関することなら、どうぞご相談ください。

医師紹介を見る

医院案内

岡山脳神経内科クリニック

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

TEL.086-230-1015
FAX.086-230-1016

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

・・・非常勤、武田医師(院長と概ね隔週で交代します)
【休診】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
研修会、学会等で休診の場合がありますので、新患の方はお電話でご確認ください。
受付時間は、午前は8:30~12:00、午後は13:30~17:00です。
予約、一般的お問い合わせは8:30~17:30の間でお願いします。
新患の方、午前は10:00から12:00、月、火、水、金曜日の午後は14:30から17:00の間に受診ください。

医院案内を見る

交通案内

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

お車でご来院の方 岡山電気軌道東山線「門田屋敷駅」車8分
県道45号線(産業道路)江崎交差点から宮通沿いに東へ150m、操南小学校手前400m
玉野方面 「産業道路」沿い左手の案内板を見ながらまもなく「江崎交差点」を右折「宮通」を東へ150m進んで左手です
平井方面 「国道2号線バイパス下 倉田交差点」から「産業道路」を500m南へ下り「江崎交差点」を左折「宮通」を東へ150m進んで左手です
西大寺・金岡方面 「宮通」を西に進んで「江崎交差点」の手前150m右手です。操南小学校近くにあります。
駐車場 30台(クリニック13台、第2駐車場17台)
「第2駐車場ではフロンティア薬局のスペースもご利用下さい」
公共交通機関をご利用の場合 岡山駅・天満屋より
①岡電バス 岡山ふれあいセンター・新おかまや港線・三番南行き「新道江崎」で下車 徒歩3分
②両備バス 沖元西大寺線「江崎」で下車 徒歩1分(便数が1時間に1本と少ないです)
交通案内を見る