岡山市中区江崎の岡山脳神経内科クリニック|脳神経内科・内科

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

MENU

外観
待合室
風景写真

集う人々の健康な人生を支援します

集う人々の健康な人生を支援します

お知らせ

令和6年12月2日から、健康保険証の発行が停止されます。それまでに発行された保険証の有効期間は12月2日から最大1年間です。代わりにマイナンバーカードの利用が推奨されています。ご不明の点は厚生労働省のホームページを参照するか、受付にてお問合せください。

当院では令和5年4月1日からマイナンバーカードが保険証として使えるようになりました。

希望の方は、対応可能なマイナンバーカードをご持参ください。

院長ブログ

固定観念とか紋切り型な見かた、考えかたを意味します。医療業界に関して言うと、大学病院は常に白い巨塔であり、中に生息する医師は権力闘争に明け暮れ、教授様ともなると製薬会社と結託して巨万の富を吸い上げるとの考え方です。ミステリーものでもよく殺人事件の舞台になります。時代劇なら悪代官と備前屋が手を結んでコメ、油、材木の値を吊り上げて上前を撥ね、若い娘をかどわかして悪銭を得るのと同じ構図。悪代官なら黄門様の印籠に「控えおろう」とやられるし、暴れん坊将軍吉宗には「上様であるはずがない、構わぬ、殺ってしまえ」と開き直るところを「成敗」されるのが定番です。権威や力を正義に重ねたワンパターンなので、ストーリーがわかりやすく、安心して見ることができます。医療ものの場合は、そんな巨塔のヒエラルキーに染まらない腕自慢の医師が権威をものともせず、圧倒的な技量で手術して患者を救うというワンパターンに視聴者は溜飲を下げる訳です。権威も力量もない一般市民はヒーローになれないかというと、一銀行女子社員が「お言葉を返すようですが」と不条理をただすドラマも、パターンにはまったあとの展開が読めて安心して楽しめます。勧善懲悪でスッキリするのはエンターテインメントとしてはストレス解消によいですねえ。配役で犯人に見当がつくミステリーもありますが、これは蛇足。疲れて帰宅した後まで、難しい展開のストーリーでハラハラ過ごしたくないです。もちろん、現実はそんなに単純ではありません。しかし、なかにはドラマを現実と重ねてしまう人があり、ドラマ名医が難病を一気に治してしまうのを引き合いに、病気が良くならないのは医療ミスだとか、ヤブとか言われてしまいます。現実世界の人間は不死身ではありません。なお、医療ドラマの名医は外科医か救急医系です。内科医の治療は効果が出るのに時間がかかり、1時間もののドラマでは放送時間内に決着がつきません。

現実世界の大学病院スタッフの大半は、私が知る限り一般診療に加えて新しい治療法や病気の原因解明、次世代の医師の育成等に懸命の努力をしています。富に関しては、製薬会社から研究助成、講演料、原稿料が入ることがありますが、すべて公表です。報酬が一定額を超えると、治療方針を決めるガイドライン作成委員にはなれません。また、研究報告時にはどこから資金を得たかとか、利益相反の記載が必須となっています。政治の世界には詳しくありませんが、全公開ですから、報告義務のない世界と比べると、かなり透明度は高いと思います。

さて、医療ドラマで違和感を感じる紋切り型は他にも多々あります。例えば“白衣”。みんな前を開け、ヒラヒラさせて歩いています。偉そうに見せる演出でしょうか。CMも含め、きちんと前ボタンを止めている医師の姿は見かけません。そもそも白衣は汚れから医師の衣服や身を遮断するためのものです。実臨床では患者さんの血液、喀痰、吐物、おしっこ、便などと接する機会がままあります。特に救急場面では避けられません。目に見えない感染物質との接触機会もいっぱいです。前が開いていると、着衣にこれらが直接付着し、街中や家庭に汚染、感染物質を持ち出してしまいます。白衣を着る意味がありません。また、ヒラヒラさせていると、付着した汚染物質を周囲にまき散らします。白衣を着たまま病院外に出るのも、感染防止の観点からはレッドカードです。ナースの象徴だったナースキャップでさえ、付着した細菌をばらまく恐れから廃止され、今やノスタルジー世界の存在となりました。ドラマに感化された若い医師が白衣の前を開けてふらふら歩かないことを祈ります。

医療ドラマでの紋切り型と言えるかどうか、救急車が到着すると研修医がばらばらと駆け寄るシーンも良く登場します。イケメン男女が演じる颯爽として美しい場面です。私が勤務していた地方の一般病院では夜間、医師は1人です。救急車が来ると医師、ナース、事務方が駆け寄りますが、医師多数はありません。逆に当直医1人に救急車同時3台とかを何度か経験しました。重症そうなところから対応するのですが、先着の軽症者から怒られたりもする訳で、修羅場ではあってもドラマのような感動的場面にはなりません。

医療での紋切り型をもう一つ。昔は医師像といえば額に丸い鏡(額帯鏡)をつけているのが定番でした。耳鼻科医が使うのですが、何故医師全体の象徴になったのか、不思議です。ちなみに脳神経内科医の私が耳を覗く時には耳鏡を使います。ライト内蔵なので、丸い鏡で耳に集光させる必要はありません。ちなみに、脳神経内科医の象徴的道具はハンマーです。単純ですが、使う人が使えば得られる情報はとても大きい。コンコン。

五月の朝は

5月の朝は新緑がまぶしい

澄んだ日差しの中で葉っぱのお掃除、結構愉しい

シュッシュ

5月の朝は風爽やか

揺れる野の花、愛し

サワサワ

5月の朝は青空が清しい

白雲流れる水たまりで雀が水浴び、嬉しそう

パシャパシャ

5月の朝は香りゆかしい

みかんの木に舞う蝶の気高さ

ヒラヒラ

5月の朝は小鳥のさえずりに癒される

山はウグイス、野はひばり

チイチイチイ、グー

5月の朝は小学生の登校行列、賑やか

新しいランドセルが動いていく

頑張れ未来の大物たち

5月の朝は心地良い

エネルギーいっぱい、気力充実

今日も良い日でありますように

岡山は330日にソメイヨシノが開花。里山が鶯声に包まれ、山ツツジが色を添える季節となりました。さて、本日41日は嘘をついても良い日です。由来は不明。イギリス発祥説、フランス説、インド説などいろいろあるらしいです。仏教では心がけるべき最も基本的は戒律(五戒)として不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不飲酒が挙げられています。不妄語とは「嘘は言うな」ということです。法事で唱えますね。では仏教では嘘は禁じられているのかというと、「嘘も方便」です。仏の道を正しく理解するには嘘があってもよいという趣旨でしょうか。一般には「嘘をつくことは良くないが、物事をスムーズに運ぶためには必要なこともある」と説明されています。最終目的が正しければ、嘘の利用もあり得るということ。子供の悪さをたしなめるのに「お巡りさんに捕まるぞ」とか脅すようなことでしょう。法華経では「家が火事(火宅)なのに気付かず遊ぶ子供を助けるのに、外に子どもの好きな車があると叫んで脱出させた」逸話が記されています。嘘ではないけど、「頑張ったら良い結果が出るよ」との励ましを確たる根拠無しに言うのも、思いが籠っていれば、言われた人の勇気が増し、身体能力が高まり、最終的に試合に勝てたり、合格したり、病気が改善したり、、、結果オーライです。エイプリルフールの嘘は、結果的に笑えて皆がハッピーに感じられる内容が期待されていますヨ。1日だけなので、深く考えてしまう人があっても、通常あと腐れは無いのです。

ところで、残念なことに世間には笑えない嘘が氾濫しています。オレオレ詐欺、フィッシング詐欺、フェイクニュース、投資詐欺。飲食店、商品の口コミが“サクラ” だったり中傷だったり。学歴、経歴詐称とかも最近耳にしました。等身大の自分に自信持てばいいのに。直近では機能性表示食品で腎障害が多発してしまいました。これは嘘というより事故かもしれませんが、国のお墨付きに偽りありです。お偉いさん達による「知らない、記憶にない」の連発は現在進行中です。嘘でなく本当に記憶がないのならばもっと大変。物忘れ人は車の免許返上が決まり。国のかじ取りは任せられません。“美しい国”を創造すべき次世代の若者たちに悪い見本を示す罪も大きい。

なお、エイプリルフールの邦訳は四月馬鹿です。自分が馬鹿だと思うと、謙虚になり、風景が輝きを増し、周囲に感謝の念が沸いて、元気が出ます。つい先日、ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏が「勝利は一瞬。達成したと思わず謙虚でいれば、向上心を維持できる」という趣旨の話しておいででした。深い。わが国では昔から「賢は愚にかえる」、「大智は愚のごとし」など、覚者の“愚”を良しとする風土があります。小林一茶は還暦で「春立つや 愚の上に又 愚に返る」と詠みました。自己愛の強いパワハラ系の人とは真逆の姿勢です。功利を目指して「知らない、落ち度はない」など小賢しく振舞う姿勢は、一時的に皆を煙に巻くことができても世界を変えることは出来ません。“愚”の世界は宇宙を包括して広大、かつ、まったり暖かです。こんな世界に道を開く「平成之大馬鹿門」はなぜ撤去されてしまったのかなあ。確か、仏教系の大学なのに。ダジャレっぽいネーミングが権威にそぐわなかったか。

馬鹿な話にお付き合いいただきました。賢明な皆様方、41日に免じてどうぞご容赦くださいマセ。

前回ブログ。どんな花?と聞かれたので、掲示します。

幸福の木

こんな花です。夜咲いて、昼間は閉じるとかで、きれいな画像はありません。

悪しからず。

2月上旬のある朝、クリニックに入ると、何とも不思議な甘い香りで満たされていました。沈丁花ほどの鮮烈な芳香ではありません。ロウバイ、それともスイセン?誰かが切り花を飾っているのかなあ?でも見当たらないなあ。あとでわかったのは幸福の木の開花。開院の時にいただいた木です。幸福の木はしばしば見かけますが、花を見たのは初めてです。調べると、数年~十数年に一度の開花だそうで、結構珍しいようです。

幸福の木の開花は縁起が良いとされています。めったに咲かないからでしょう。60~120年に一度咲く笹の開花は不吉の前兆とされます。花言葉は「ささやかな幸せ」なのに。原因は、実った笹の実を食べてネズミが増え、コメを食べ尽くすからとか。現代なら大丈夫かも。小学生時代にいたるところで笹が咲いているのを体験したが、笹が枯れただけで、惨禍は無かった。

幸福の木の開花が真に縁起が良いのか、禍々しいのか。珍しいことが起これば縁起が良いのか、悪いのか。くじた類はめったに当たらない私の場合、スーパーの抽選で1等お醤油、2等調味料、3等駄菓子で3等が当たってもハッピー。ささやか過ぎるかも。ラッキーなことがあると、「これで一生の幸運を使い切ってしまった、あとは我慢」との考えもありますね。凡人はクジ運などに頼らず地道に生きるしかありません。

ところで、どのくらい祥事があれば、人は幸福を感じられるでしょうか。10のうち1つ満たされれば幸せと感じられる人もあれば、10のすべてでないと不幸な人もあります。不安も同じ。深刻度にもよりますが、10のうち10すべてが満たされないと不幸、不安な方にとって、人生はなかなか満たされることがありません。通常、願いが何でもかなうのは5歳くらいまで。ドラえもんがいても小学生くらいまでかな。飽くことなき不安、不満は本人のみならず、家族や周囲の友人までも不安に陥れ、意欲を失わせ、廻り回って不安の主をさらに不安にします。逆に、楽しさ、生き生き感をまき散らす前向きな人は、周囲もハッピーにし、意欲を増し、活動的にします。こんな奥さんがいると、夫の業績が上がり、“あげまん”とか呼ばれる訳です。この時代、逆もありますね。

さて、ハッピーさんに育てる考察。発達過程で十分満足できなかったり、安心できない状態が続くと、満足感、安心感回路が形成されず、良いことがいくらあっても満たされなくなります。砂が水をいくらでも吸い込むようなもので、溜りません。しっかり褒めて、達成感が得られる機会を提供することが、特に就学前は大切と思います。甘やかすわけではありません。音楽家にでもするなら早期訓練が必要ですが、押しつけはどうでしょうか。天才モーツアルトは3歳で姉の使うクラビコードに触れ、4歳で自ら学びたいと音楽家の父に頼み込んだようで、自ら求めての鍛錬です。興味を持つきっかけや選択肢の提供は必要かもしれません。いったんのめりこんで熟達すれば、達成感もいっぱい得られ、充実した人生に続きます。満開となった幸福の木は幸福を感じているでしょうか。

 

診療カレンダー

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

休診

午後休診

診療時間変更

祝日

岡山脳神経内科クリニックの4つの特徴

  1. 脳神経領域の病気の診断・治療・予防を中心に診療します
  2. あたらしい医療知識と篤い心で診療します
  3. 地域の医療機関と連携して診療します
  4. 知識の伝達と発信に尽力します

医師紹介

院長 柏原 健一

脳神経内科と内科領域の病気を診療するクリニックです。
脳神経内科は、その名の通り、脳・脊髄や手足の神経・筋を障害する病気を診療する科です。具体的には脳梗塞、認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、てんかん、自律神経障害、多発性神経炎、頭痛、めまい、しびれなど、認知、運動、知覚などを障害する多くの疾患、症候が含まれます。

当院では主に頭痛、認知症、パーキンソン病、てんかん、睡眠障害などを診断、治療します。脳梗塞や認知症の背景となる高血圧症、高脂血症、糖尿病など、内科疾患も必要に応じて診療します。”心”の問題があっても、可能な範囲で対応します。対応困難時には、患者さんに合わせた医院、病院、施設と連携します。

これまで大学病院や地域の病院で培ってきた診療経験を活かし、地域の皆さんの健康にお役に立てるように努めてまいります。健康に関することなら、どうぞご相談ください。

医師紹介を見る

医院案内

岡山脳神経内科クリニック

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

TEL.086-230-1015
FAX.086-230-1016

診療時間
9:00~12:30
14:00~17:00

・・・非常勤、武田医師(院長と概ね隔週で交代します)
【休診】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
研修会、学会等で休診の場合がありますので、新患の方はお電話でご確認ください。
受付時間は、午前は8:30~12:00、午後は13:30~17:00です。
予約、一般的お問い合わせは8:30~17:30の間でお願いします。
新患の方、午前は10:00から12:00、月、火、水、金曜日の午後は14:30から17:00の間に受診ください。

医院案内を見る

交通案内

〒702-8005
岡山県岡山市中区江崎104番地-16

お車でご来院の方 岡山電気軌道東山線「門田屋敷駅」車8分
県道45号線(産業道路)江崎交差点から宮通沿いに東へ150m、操南小学校手前400m
玉野方面 「産業道路」沿い左手の案内板を見ながらまもなく「江崎交差点」を右折「宮通」を東へ150m進んで左手です
平井方面 「国道2号線バイパス下 倉田交差点」から「産業道路」を500m南へ下り「江崎交差点」を左折「宮通」を東へ150m進んで左手です
西大寺・金岡方面 「宮通」を西に進んで「江崎交差点」の手前150m右手です。操南小学校近くにあります。
駐車場 30台(クリニック13台、第2駐車場17台)
「第2駐車場ではフロンティア薬局のスペースもご利用下さい」
公共交通機関をご利用の場合 岡山駅・天満屋より
①岡電バス 岡山ふれあいセンター・新おかまや港線・三番南行き「新道江崎」で下車 徒歩3分
②両備バス 沖元西大寺線「江崎」で下車 徒歩1分(便数が1時間に1本と少ないです)
交通案内を見る