医療法人社団あおぞら会 岡山脳神経内科クリニック

岡山脳神経内科クリニック| 岡山市中区江崎の脳神経内科・内科。

〒702-8005 岡山県岡山市中区江崎104番地-16
086-230-1015
トップページ»  診療案内

診療案内

頭痛

頭痛は、脳神経内科では通常最も頻繁に対応する症状です。脳の機能的な障害で生じる一次性頭痛と、何らかの脳病変を背景に生じる二次性頭痛に分けられます。多くは一次性頭痛で、慢性的に出没します。片頭痛が多く、緊張型頭痛や群発頭痛もみられます。
2次性頭痛にはくも膜下出血、脳出血・脳梗塞、椎骨動脈解離、脳腫瘍、脳炎など、放置しておくと生命にかかわる重篤な病気が含まれています。高血圧症、副鼻腔炎、うつ病や薬剤によっても頭痛を生じることがあります。また、三叉神経痛、後頭神経痛などの神経痛や頚椎の病変も頭痛を生じます。
放置できない頭痛があるため、早期の正しい診断が重要です。原因が判れば、より効果的な治療が可能です。

 

物忘れ・認知症

認知症とは一旦発達した認知機能(注意、実行、学習、記憶、言語機能など)が持続性に低下し、日常生活に支障を生じた状態を言います。80~84歳の2割、85歳~89歳では4割、90歳を超えると6割以上の方が認知症です。低下していても基本的生活機能には支障がない状態が軽度認知障害(MCI)です。原因にはアルツハイマー型認知症が多く、レビー小体型認知症、血管性認知症、前頭側頭型認知症などが続きます。症状の始まりには、同じことを何度も言ったり聞いたりする、置き忘れやしまい忘れが目立つ、ものの名前が出てこない、以前はあった興味や関心が薄れた、理解や判断がむつかしくなった、などがみられます。幻視、物盗られ妄想、うつ、気力減退、大義がり、怒りっぽい、日中でもすぐ眠るなどの精神や行動の変化がみられることもあります。甲状腺機能障害やビタミン欠乏など内科的な病気やうつ病、あるいは正常圧水頭症や慢性硬膜下血種など治療可能な脳の病気でも類似状態を生じます。鑑別のため、診断には血液を調べ、身体を診察し、頭部CT、MRIを検査します。より詳細な鑑別の目的で髄液を調べたり、脳の血流やドパミントランスポーターのシンチグラフィーを行うこともあります。
治療ですが、認知症のタイプにより使う薬や効果が異なることがあります。先ずは正しい診断が重要です。
 

 

パーキンソン病

パーキンソン病は人口10万人あたり150人程度、70歳以上では100人中1人に生じる病気です。運動症状には運動緩慢(運動が遅く小さくなる)、静止時振戦(手や足が力を抜いた時に振るえる)、筋強剛(筋肉がこわばり、固くなる)が多くみられ、進行すると姿勢保持障害(転びやすい)、すくみ(足が前に出なくなる)、姿勢異常(体幹の顕著な前、側方への傾きや首下がり)、小声、飲み込み難さなども生じます。運動障害以外にも、便秘、頻尿、立ちくらみ、四肢冷感、発汗過多などの自律神経障害、腰痛や下肢痛などの感覚障害、嗅覚障害、就寝中の叫びや寝ぼけ、うつ、認知機能障害、幻覚・妄想などを生じることがあります。
進行を止めることはできません。しかし、早期からの適切な薬物治療やリハビリテーションにより良い状態を長く保つことができるようになり、寿命にはほとんど影響しなくなりました。iPS細胞の治療効果にも期待したい現状です。


病気を知ろう(パーキンソン病)

 

てんかん

脳の慢性の病気で、大脳の神経細胞が過剰に興奮するため、脳に発作性の症状が反復性に起きます。発作は突然に起こり、普通とは異なる身体症状や意識、運動および感覚の変化などを生じます。急な意識消失は血圧低下や不整脈でも生じますが、明らかなけいれんがあればてんかんの可能性が高いです。診断には頭部MRI検査や脳波検査などを行う必要があります。若年者でもみられますが、脳炎、頭部外傷、脳出血、脳腫瘍などで脳が痛んだ方、あるいは認知症などで脳機能が低下した高齢者にも生じます。てんかんの発作タイプや年齢、身体状況により薬を使い分けます。近年、新しい薬の開発が相次ぎ、より効果的で安全な治療が選択できるようになりました。

 

睡眠障害

大きく、狭義の睡眠障害と、覚醒障害とに分けられます。狭義の睡眠障害には入眠障害、寝てもすぐに目が覚めてしまう中途覚醒、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒、夢が行動化して寝言・寝ぼけを呈するレム睡眠行動障害、足がむずむずして眠れないむずむず脚症候群(レストレスレッグズ症候群)、睡眠時無呼吸症候群、睡眠覚醒リズム障害などがあります。覚醒障害は夜眠っているにもかかわらず日中に強い眠気を生じ、起きているのが困難になる障害です。薬剤による副作用のほか、ナルコレプシ―や特発性過眠症があります。良質な睡眠は佳き生活の糧です。

 

一般内科

体の不調や異変の相談、風邪やインフルエンザなどはもちろん、高血圧、高脂血症などの生活習慣病、アレルギー、喘息、貧血など、幅広く診療いたします。